CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>




「踊る大捜査線THE MOVIE3」2010年7月3日公開!

「踊る大捜査線THE MOVIE3」ローソンキャンペーン

☆OD3 一番くじ

☆踊る大ドコモ キャンペーン



ARCHIVES
CATEGORIES
第139回天皇賞( 春)回顧
天皇賞ですが、いやぁ荒れましたね^^;
着順結果ですが、

1 2 B マイネルキッツ   牡6 松岡正海 3.14.4
2 4 アルナスライン   牡5 蛯名正義 3.14.4 クビ
3 12 ドリームジャーニー 牡5 池添謙一 3.14.7 1 3/4馬身
4 1 サンライズマックス 牡5 福永祐一 3.14.7 ハナ
5 3 ジャガーメイル   牡5 安藤勝己 3.14.8 1/2馬身

人気通りまともに来た馬って2着のアルナスラインぐらいです。
まさかまさかのマイネルキッツ!
三連単で22万馬券でございました。
かすりもしない予想でして、こんなん誰が当てんねや!
って感じでございます。
あぁ買わんで良かったです^^

| 競馬王 | 17:24 | comments(0) | trackbacks(0) |
第139回天皇賞( 春)

お久しぶりなカテゴリーですが今回も予想だけです(・・A;)
>ブラックの兄貴ごめんなさい。

◎アサクサキングス
×サンライズマックス
×トウカイトリック
×ゼンノグッドウッド
×スクリーンヒーロー
×ヒカルカザブエ

本命アサクサを一頭軸に据え三連単マルチでいざ勝負!

| 競馬王 | 11:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
第26回フェブラリーステークス(GI)回顧
さて今年最初のG気任靴燭、コロさんの予想結果は
どうなったんでしょうか。
リアルタイムでも見ておらず、メルマガで結果を知った次第です。
では振り返りましょう。

2009年2月22日(日)15:40発走
第26回フェブラリーステークス(GI)
ダート・左 1600m サラ系4歳上 オープン (国際)(指定) 定量

1 15 サクセスブロッケン 牡4 内田博幸 1.34.6
2 14 カジノドライヴ   牡4 安藤勝己 1.34.6 クビ
3  2 カネヒキリ     牡7 ルメール 1.34.6 アタマ
4 12 エスポワールシチー 牡4 佐藤哲三 1.34.8 1 1/4馬身 
5 16 フェラーリピサ   牡5 岩田康誠 1.35.0 1 1/2馬身

今年初の、ちゅど〜〜ん><撃沈
いやぁ 1着2着のブロッケン、カジノを舐めてかかってました^^;

結局上位三頭は、実績馬。
4,5着は強襲してきたものの、やはり三頭の壮絶な叩き合いを前に届かず。
ヴァーミリアンも思いの他伸びず、負け癖が付いたのかも。

しかし最後の直線は、見事な叩き合いでした!
こういうレースやと後味も良く、お酒も飲めるってもんです(笑)
あぁ買わずに良かった(笑)
| 競馬王 | 22:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
第26回フェブラリーステークス(GI)
さぁ今年最初のG機∈修硫者決定戦フェブラリーS。
これを足場にドバイへの弾みとしたいはず。
では参りましょう。

けいばおー

2009年2月22日(日)15:40発走
第26回フェブラリーステークス(GI)
ダート・左 1600m サラ系4歳上 オープン (国際)(指定) 定量

◎カネヒキリ
×ヴァーミリアン
×エスポワールシチー
×ヒシカツリーダー
×バンブーエール

今回、情報をほとんど仕入れておらず
予想だけでお送りします。

本命はカネヒキリ。
昨年のジャパンカップダートを勝ち、見事復活と充実の一途を辿る同馬。
既にヴァーミリアンを越えた怪物なのかもしれない。
気になるのは、昨秋から休みなく5戦目を迎える事だけでしょうか。

以下はヒモ。
まずはヴァーミリアン。
これ以上は負けられない、大事な一戦。
実力があるのは確かだがこのレースで見極めないと。

エスポワールシチー。
前走2着となった平安Sまで、4連勝と絶好調。
父ゴールドアリュール、母父ブライアンズタイムと血統の裏付けも。
初のG気任匹海泙膿い込めるのか。

ヒシカツリーダー。
近走は人気してなくとも連には絡む安定感が目立ち、
今回の穴馬的存在。
父フサイチコンコルドのように、砂の上での音速が見物。

バンブーエール。
前走根岸Sの5着まで3連勝も今回の舞台は、少々距離が長いかも。
騎乗する松岡君の手腕に期待。

以上、カネヒキリ一頭軸の三連復で勝負!
| 競馬王 | 10:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
有馬記念回顧
さて競馬の総決算有馬記念ですが、いかんせん
ちょうど観劇の最中でリアルタイムでは見れませんでした^^;

で、結果ですが、残念ながら1着、3着を当てるに留まり
最後に笑う事が出来ませんでした。

てかあれは当てれんぞ(笑)
なんで最低人気の馬が2着に来てんのさー。

てなわけで、結局僕の予想は、ほとんどアテにならない事と
なりましたが、来年からはビシッと当てまくりたいと思います(笑)

ではでは!
| 競馬王 | 12:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
第60回阪神ジュベナイルフィリーズ(GI)回顧
さてさて、本日行われた2歳女王決定戦、阪神JF。
参戦しなかったとは言え、真剣に予想して臨んだ結果やいかに!

2008年12月14日(日)15:40発走
第60回阪神ジュベナイルフィリーズ(GI)
芝・右・外 1600m サラ系2歳 オープン (混合) 牝 (指定) 馬齢

1 13 ブエナビスタ    牝2 安藤勝己 1.35.2 -
2 2  ダノンベルベール  牝2 後藤浩輝 1.35.6 2 1/2馬身
3 9  ミクロコスモス   牝2 鮫島良太 1.35.8 1 1/4馬身
4 7  ショウナンカッサイ 牝2 幸英明  1.36.0 1 1/4馬身
5 5  イナズマアマリリス 牝2 吉田豊  1.36.2 1 1/2馬身

予想は見事外れましたが、いい競馬を見せて頂きました。
勝ったブエナビスタですが、人気してたのもありますが
何より1勝馬という実績が信用できなかったんで
本命にはしなかったんです。

しかしそんな心配は他所に、父スペシャルウィーク、
母ビワハイジという良血に恥じない、見事な勝ちっぷり!
一頭、次元が違う走りをしておりました。
まさに女ディープインパクト!

もう天晴れ、としか言いようが無いレースでした^^
このレース、母が勝ったG気髻¬爾眈,弔里癸隠廓振りやそうです。
これで来春のクラシックが楽しみになりましたよ♪
| 競馬王 | 21:49 | comments(0) | trackbacks(0) |
第60回阪神ジュベナイルフィリーズ(GI)
さて、今週もG気任垢、まだデビューしたての2歳牝馬による
女王決定戦と非常に難解なレースとなりそうなので
今回は予想だけでの参戦とさせて頂きます。
では参りましょう。

けいばおー

2008年12月14日(日)15:40発走
第60回阪神ジュベナイルフィリーズ(GI)
芝・右・外 1600m サラ系2歳 オープン (混合) 牝 (指定) 馬齢

◎ジェルミナル
×ダノンベルベール
×アディアフォーン
×イナズマアマリリス
×ルシュクル
×ショウナンカッサイ
×デグラーティア
×ブエナビスタ
×メイショウボナール

以上、本命ジェルミナル一頭軸に、ヒモに流す三連複で勝負!
| 競馬王 | 12:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
第9回ジャパンカップダート(GI)回顧
さて、初の関西開催となりましたジャパンカップダート。
早速振り返ってみましょう。

2008年12月7日(日)15:40発走
第9回ジャパンカップダート(GI)
ダート・右 1800m サラ系3歳上 オープン (国際)(指定) 定量

1 10 カネヒキリ     牡6 ルメール 1.49.2 -
2  5 メイショウトウコン 牡6 藤田伸二 1.49.2 アタマ
3  6 ヴァーミリアン   牡6 岩田康誠 1.49.3 クビ
4  3 サンライズバッカス 牡6 佐藤哲三 1.49.6 1 3/4馬身
5 12 ブルーコンコルド  牡8 幸英明  1.49.6 アタマ

本命が3着に来たものの対抗のブロッケンが着外。
って事で本線は外れた結果となりましたが
保険で押さえた馬連ボックスが見事的中!
さらにこの馬連が万馬券となりまして、久し振りに僅かですが
プラス収支となりました♪

レースはスタートから三歳馬のブロッケン、ティンカップらが
引っ張るものの予想のハイペースよりは落ち着いた流れに。
そして人気馬のヴァーミリアンは後方で待機してたものの
向う上面で早々に前へと進出!
そしてそれに並んでメイショウトウコンも進出を開始!

最後の直線は、フリオーソやアドマイヤフジ、ワンダースピードらが
先頭に並び横一直線に!
そして狭い最内を突いてカネヒキリが進出!
そのカネヒキリが1つ飛び出し、その外から
ヴァーミリアン、メイショウトウコンが襲いかかります!

カネヒキリ粘るのか?!ヴァーミリアンが追って来る!
藤田に連れられてメイショウトウコンも襲い掛かってくる!
しかしゴール板を駆け抜けたのはカネヒキリーー!

不治の病とされた屈腱炎から見事復活し三年振りの美酒を
味わう事が出来ました^^
2年4ヶ月もの間、懸命に治療したスタッフさんの努力の賜物でしょうね。
見事な復活劇、おめでとうございました!

収支
+4110P
| 競馬王 | 21:27 | comments(0) | trackbacks(0) |
第9回ジャパンカップダート(GI)
競馬好きの皆さん、こんばんは。
当たらない予想でお馴染み、コロでございます。
今宵も当たらない予想を展開したいと思います。

今日から関東は中山開催、関西では阪神開催となりまして
明日関西では、冬のダート王決定戦が行われます。
これまでこのレースは、東京の2100mで、さらに土曜日開催と
翌日曜に開催されるジャパンカップと連日G気魍催してきました。

それが今年から阪神で、さらに距離も1,800mと
様相を変えまして開催。 しかしここで問題が。
海外では左回りが基本となってるんですが、この阪神競馬場は右回り。
普段左回りに慣れてる馬には圧倒的に不利です。
ですので今回は海外からの参戦馬も居ますが、若干見劣りします。

では久し振りに前フリが長くなりましたが気を取り直していきましょう。

けいばおー

2008年12月7日(日)15:40発走
第9回ジャパンカップダート(GI)
ダート・右 1800m サラ系3歳上 オープン (国際)(指定) 定量

◎ヴァーミリアン
○サクセスブロッケン
×ワンダースピード
×サンライズバッカス
×メイショウトウコン
×ティンカップチャリス
×カネヒキリ
×カジノドライブ
×ブルーコンコルド
×ワイルドワンダー

本命は前回王者ヴァーミリアン。
前走ドバイワールドカップで大敗した後出走した、
JBCでは国内に敵無し!と改めて見せつけ優勝。
史上初の連覇を目指します。

対抗には、そのJBCでクビ差で2着に甘んじたサクセスブロッケン。
世代交代すべく臨戦態勢を整えるがヴァーミリアンには敵うまい。

あとはヒモ。
上記2頭が飛び抜けてると見て、3着狙いです。
ワンダースピード。
最近のレースでは安定しており、掲示板には入るんじゃないでしょうか。
鞍上も地方出身の小牧太と一発が怖い。

サンライズバッカス。
一昨年は5着、昨年は3着と6歳になった今年
ようやく本格化してきた感があります。
近走も安定しており実力は充分。

ティンカップチャリス。
アメリカからの参戦馬。さきほど書いたように普段は左回り。
しかしこの馬は面白い。
ここまで9戦8勝も今夏までレーティングにも載らないほど
マイナーな環境で走ってきた馬。
ようやく挑んだ重賞でも2着と好走し、実力がある事を証明。
今秋ようやくパスポートを取得したスタッフの分まで走りたい。

カネヒキリ。
前走、2年4ヶ月振りに出走した武蔵野Sでは9着と大敗。
しかし元々は実力馬。鞍上にもルメールと復活に導いてくれるのか。

カジノドライブ。
この馬の兄姉は、アメリカの三冠レース ベルモントSを勝利した
超良血馬で自身も渡米したものの、怪我の為出走出来ず。
しかし国内の新馬戦での圧勝劇を見せられては簡単には消せまい。

ブルーコンコルド。
一番期待してる穴馬。
阪神競馬場とも相性が良く、8歳になった今年もバリバリ!
まだまだ若いモンには負けまいと奮闘も3着が精一杯か。

ワイルドワンダー。
この馬も阪神とは相性が良く、3戦2勝2着1回。
近走はさらに安定しており連を外さない堅実さも見逃せない。


以上、ヴァーミリアン1着固定、サクセスブロッケン2着固定の
三連単で勝負!と言いたいところですが、
マルチで行きたいと思います!(笑)
ツッコまんといてな(笑)汗
えっと、ついでにヒモの馬で馬連ボックスと行きます!おばけ

1
| 競馬王 | 23:18 | comments(0) | trackbacks(0) |
第28回ジャパンカップ(GI)回顧
さて、今日東京府中競馬場で行われたジャパンカップの
回顧と参りましょう。
3世代にも及ぶダービー馬、2世代の菊花賞馬、
そしてグランプリホースも出走と今年最高の
豪華なメンバーが揃いましたが、結果やいかに!!

2008年11月30日(日)15:20発走
第28回ジャパンカップ(GI)
芝・左 2400m サラ系3歳上 オープン (国際)(指定) 定量

1 16 スクリーンヒーロー 牡4 デムーロ 2.25.5 -
2  9 ディープスカイ   牡3 四位洋文 2.25.6 1/2馬身
3  4 ウオッカ      牝4 岩田康誠 2.25.7 3/4馬身
4 13 マツリダゴッホ   牡5 蛯名正義 2.25.7 アタマ
5  1 オウケンブルースリ 牡3 内田博幸 2.25.8 クビ


ぬぉーーー><
ディープが入った三連複なら当たってたのに!!

勝ったのは前走のアルゼンチン共和国杯で初重賞制覇を
成し遂げたばかりのスクリーンヒーロー。
鞍上のデムーロも何度もガッツポーズを見せるぐらい
会心のレースやったんじゃないでしょうか。

最後の直線は、ディープが抜けるのか、ウオッカが抜けるのか
固唾を飲んで見守っていたんですが、手綱をしごいてもしごいても
更にその外から襲ってきたスクリーンヒーローの脚には
追いつけず、そのままゴールイン。

ウオッカは少し前を塞がれたのかな?
ディープは溜めすぎたのかな?
マークされて、仕掛けに少し狂いが生じたのかもしれませんが
これが競馬です。

次の有馬記念では、各馬の体調もあると思います。
ディープやウオッカは激戦が続いていて、
いつもの強さを発揮出来るか分かりません。
ひょっとしたら有馬は荒れるかな^皿^
| 競馬王 | 22:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/12PAGES | >>